読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

01647

ustreamer-01647

Lubuntu 14.04 Samba設定

リンク

2013/07/07

Webを検索しても古いバージョンについての説明が多く、なかなか正しいやり方を見つけるのが難しいSambaの設定メモ。

SambaでWindowsファイル共有を行う正しいやり方 - ももいろテクノロジー

2009年01月28日 00時00分 更新

本連載は、Linux 認定試験 LPICに対応しています。一般的なLinuxユーザーレベルのトピックは省略し、システム管理とサーバ管理の内容を取り上げています。また、LPIC対策だけでなく、関連するトピックについて系統的な理解を問う問題も出題しています。連載の特徴は、対象となるプログラムのバージョンを可能な限り明記していること、比較的新しくまとまった解説がまだ少ないトピック、重要だが理解しにくいトピックを優先して取り上げていることです。問題を解き、その解説を読むことにより実践でLinuxを活用できる力を身に付けます。

実践でも役立つLPICドリル(9):Sambaのユーザー認証とファイルアクセス権の設定 (1/4) - @IT

/etc/samba/smb.confに記述すべき内容

  • 初期からあったプリンタ部分はコメントにした
  • 自分専用だからIPアドレス指定
  • 書き込み可
  • ゲストアクセス不可
  • testpermがdumpした内容で足りる
$ testparm 
Load smb config files from /etc/samba/smb.conf
rlimit_max: increasing rlimit_max (1024) to minimum Windows limit (16384)
Processing section "[share]"
Loaded services file OK.
Server role: ROLE_STANDALONE
Press enter to see a dump of your service definitions

[global]
	server string = %h server (Samba, Ubuntu)
	server role = standalone server
	obey pam restrictions = Yes
	pam password change = Yes
	passwd program = /usr/bin/passwd %u
	passwd chat = *Enter\snew\s*\spassword:* %n\n *Retype\snew\s*\spassword:* %n\n *password\supdated\ssuccessfully* .
	unix password sync = Yes
	syslog = 0
	log file = /var/log/samba/log.%m
	max log size = 1000
	dns proxy = No
	usershare allow guests = Yes
	panic action = /usr/share/samba/panic-action %d
	idmap config * : backend = tdb
	hosts allow = 192.168.1.15/32, 127.0.0.0/8
	hosts deny = all
	printing = bsd
	print command = lpr -r -P'%p' %s
	lpq command = lpq -P'%p'
	lprm command = lprm -P'%p' %j

[share]
	path = /home/paul/share
	read only = No